キャットストリート (漫画)

引きこもりの理由というものは人それぞれ違っているが、傷という意味では精神的にひどくダメージを背負うことがあればそれ引き金になって外界との接触事態を断ち切ってしまう。

そんな引きこもりから立ち直っていく青春劇として描いている作品がほとんどで、この項で紹介する『キャットストリート』という作品もそんな若者のリアルを描いている作品といえる。本作は別冊マーガレットで2004年8月号から2007年10月号の期間連載され、全8巻の単行本が発売されている。

本作を書いている漫画家は、キッズウォーで後に主演し、一躍人気女優としての地位を手に入れることになった井上真央さんの代表作『花より男子』の作者である神尾葉子先生だ。処女漫画ということだが、筆者が個人的に思うのは、少女マンガほど人間の心情をリアルに忠実に表現している作品が多いと思っている。女性ならではの繊細の心の機微や感情の揺らぎなどの表現が非常に顕著で、またそれが男性から見ても非常に共感を招くような表現が多く見られるのは、それだけ卓越した洞察力を持っている女性漫画家が多いのでは、という印象がある。

作品に登場する少年少女たちがそれぞれに抱えるトラウマを克服していきながら、時が流れて社会に出て行くことになるが、離れていても仲間であることには変わらないという劇中のシーンがとても感慨深い

作品について

あらすじ

主人公である青山恵都は、一時期は天災子役として芸能界で活躍していた少女だが、ミュージカル作品『サニーデイズ』に出演した際に、ダブルキャストとして舞台に立った同じ子役であった園田奈子からの裏切りにあい、舞台本番中に大失敗をし途中降板という汚名を着せられてしまう。その後芸能界を引退し、通っていた小学校も不登校になってしまい、引きこもり同然の生活を送るようになってしまう。そんな中で、たまたまフリースクール『エル・リストン』の学長に出会い、同校への登校を誘われたことを機に通い始める。

小学校時代の同級生との再会や初めての恋愛、『エル・リストン』の心やさしい生徒と中を深めていくことで、恵都は少しずつではあるが成長していく。

登場人物

  • 青山 恵都(あおやま けいと)
    本作の主人公。
  • 佐伯 玲(さえき れい)
  • 峰 浩一(みね こういち)
  • 野田 紅葉(のだ もみじ)
  • 雅信(まさのぶ)
  • スクール長 / 小島(こじま)
  • 三次(みよし)
  • 園田 奈子(そのだ なこ)
  • 原沢 大洋(はらさわ たいよう)
  • 平野(ひらの)
  • 青山 知佳(あおやま ちか)
  • 恵都の母
  • 恵都の父

脱☆引きこもり

テレビドラマ

本作は2008年8月28日から10月2日まで、NHK総合のドラマ8枠の毎週木曜日20時から20時45分にて、谷村美月さん主演の連続テレビドラマとして放送されていた。

谷村美月さんが好演したおにいちゃんのハナビよりも前の作品となっている。

主要キャスト
  • 青山恵都 - 谷村美月(17歳)(10歳 - 美山加恋)
  • 峰浩一 - 勝地涼(18歳 ~ 19歳)
  • 野田紅葉 - 黒川智花(16歳~18歳)
  • 鈴木剛太 - 木村了(16歳~18歳、ドラマオリジナル)
  • 原沢大洋 - 石黒英雄(16歳~17歳(10歳 - 深澤嵐)
  • 園田奈子 - 高部あい(17歳)(10歳 - 鈴木理子)
  • 青山知佳 - 荒井萌
  • 小沢雅信 - 田中圭(原作とは異なり、エル・リストンの生徒ではない)
  • 森口健太郎(スクール長) - 生瀬勝久
  • 青山隆一(恵都の父) - 高橋ジョージ
  • 青山由美子(恵都の母) - 賀来千香子
スタッフ
  • 脚本 - 浅野妙子、篠崎絵里子(第5話)
  • 演出 - 佐々木章光、藤尾隆
  • 制作統括 - 小松昌代、遠藤理史
  • プロデューサー - 黒沢淳
  • 音楽 - 渡辺雄一
  • 協力 - フォーチュン、Kカンパニー、フジアール、TMC 砧スタジオ
  • 制作協力 - NHKエンタープライズ
  • 制作・著作 - NHK、テレパック
主題歌
主題歌
いきものがかり「プラネタリウム」(エピックレコードジャパン)
挿入歌(第4話)
kagrra,「四月一日」(キングレコード)
恵都が奈子の代役としてPVに出演する際の曲として使用。

神尾葉子

花より男子が一番有名な作者ではあるが、どんな人物なのかということで見ていくと実は、という人間像が見えてくる。

なんと小さい頃からアメリカのWWEなどのプロレスや格闘技を愛好していて、少女漫画はほとんど読まず『あしたのジョー』などの少年漫画を模写していたという。

そういわれると、花より男子でも主人公である牧野つくしがそういった技を使用していたり、少女漫画らしからぬ乱闘シーンまであるので、あれを見たときは本当に少女漫画かどうかということを疑ったものだ。

そんなこともあり、2007年11月に創刊した『ジャンプスクエア』からは、少年漫画を中心にした総合誌に活躍の場を移し、『まつりスペシャル』にて女子プロレスラーを主人公としたストーリー展開をするなど、自身の趣味を生かした作品を作っている。

作品リスト
  • さよならをありがとう(全1巻)
  • あの日に逢いたい(全1巻)
  • スキスキ大好き(全1巻)
  • めりーさんの羊(全5巻)
  • 花より男子(『マーガレット』、全37巻、完全版全20巻)
  • キャットストリート(『別冊マーガレット』、全8巻)
  • まつりスペシャル(『ジャンプスクエア』、全4巻)
  • 虎と狼(『別冊マーガレット』、全6巻)

花火しようぜ